レイク 過払い金

MENU

レイクと過払い金

株式会社レイクと言うのは消費者金融です。

 

レイクはAKB48が広告塔となりテレビでバンバンCMが流れていますのでレイクって聞いたことがある、という人も多いのではないでしょうか。

 

さて、肝心なお話しです。

 

あなたがこのレイクに過払い金があるかもしれない・・・と思うのであれば、早急に弁護士や司法書士に相談しましょう。

 

相談は無料というところが多いです。なのでこの無料相談を利用しない手はありません。

 

相談して、過払い金をたっぷりと取り戻せそうだと感じたら、弁護士や司法書士に本格的にお願いする。そうするとあなたに損はありません。

 

無料相談できる弁護士や司法書士を探すにはコチラのサイトが便利です!

過払い金とは

従来の消費者金融と言うのはグレーゾーン金利と呼ばれている高い金利で貸し付けが行われていました。

 

利息制限法を超える金利は違法であると同時に過払いと言う判決が下されました。

 

貸金業法が改正、グレーゾーン金利は廃止となったわけです。

 

過払いは過剰利息、つまり払い過ぎた利息なので、過払い請求を行う事で過剰利息を取り戻せるわけです。

 

レイクにおいても従来はグレーゾーン金利を適用して貸し付けを行っていたため、グレーゾーン金利でお金を借りていた人の多くは過払い請求が出来ると言う事なのです。

 

因みに、従来存在していた消費者金融レイクの会社概要と言うのは、現存していないため、会社概要についても存在していませんが、新生銀行カードローンのレイクなどの信用保証業務を担う貸金業者として存在しており、新生フィナンシャル株式会社と言います。

 

新生フィナンシャル株式会社は、従来の消費者金融のレイクであり、この会社の会社概要を見る事でどのような会社であるのか、沿革等について知ることが出来るようになっています。

 

現存していない消費者金融と言う事からも、過払い請求は難しい、無理だろうと感じる人も多いのですが、新生フィナンシャル株式会社が現在の商号になっており、この会社に対しての過払い請求となります。

 

但し、過払い金を求める時には取引履歴の開示を行う事が必要です。

 

取引履歴の開示請求を行い、取引履歴に記録されてる金利を利息制限法の上限金利に置き換えて、引き直し計算を行う事で過払いの額を求める事が出来るのですが、

 

レイクは平成5年以前の取引履歴の開示が出来ないと言われており、過払い金を推測する方法で行われることも有り、

 

冒頭残高0円計算、仮計算と言った手法を利用して過払い金の額を計算してくれる弁護士などもいると言います。